公開履歴
はげる男性

プロペシアとは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑える作用があり、もともとは、前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、脱毛症への効果が認められたために、AGA治療薬として注目されるようになりました。

プロペシアを服用すると、今まで以上に抜け毛が増加する場合があります。
これは、プロペシア 初期脱毛と呼ばれる現象で、個人差はありますが、400本~500本くらいまとめて抜け落ちる方もいらっしゃいます。
しかし、この初期脱毛が起こるのは、決して珍しい現象ではありませんので、慌てる必要はありませんし、そのままプロペシアを飲み続けても問題ありません。
むしろ初期脱毛は、起こって当然といえる現象なのです。
プロペシアを飲み始めると、ヘアサイクルが正常なサイクルに戻るようになるため、休止期の髪の毛が、一気に抜け落ちると考えられています。

初期脱毛は、早い人であれば、服用後3日目くらいから症状が現れますが、1週間くらいの間には、ほとんどの方に症状が現れます。
だいたい1か月前後で、初期脱毛の症状はなくなります。
初期症状がなくなれば、ヘアサイクルが正常に戻ったと判断できます。

低コストで気軽に脱毛を対策したい方は、プロペシアのジェネリックを使うというのも一つの手段です。
ジェネリックは先発薬と同じ有効成分と効果を持ちながら、後発薬のため価格が抑えられているのが特徴です。
プロペシアのジェネリックにはエフペシアがあり、これを使えばプロペシアと同じ効果をもっと安い値段で得る事ができます。
また、エフペシアは通販で購入すればクリニックで処方されるよりも安いので、更にコストを削減することができます。
AGA治療を手軽に始めたいと考えているのなら、プロペシアのジェネリックであるエフペシアを購入してみることをおすすめします。