新しい毛を増やすには

髪を気にする男性

抜け毛や薄毛に悩んでいる人は大勢います。
今や働き盛りの男性はもちろんのこと20代、若い人では10代で悩んでいる人もいるのです。
髪が抜けてしまうとどんどん薄毛がひどくなることから新しい毛を増やすことが必要になりますが、育毛と増毛はまったく異なるものです。

そもそも育毛とは、今ある髪の毛の育てることを指します。
太く強い毛を育てることができれば、健康で元気のある毛髪を手に入れることができ若々しい印象を与えます。
髪の毛はその人の印象をも大きく左右するのです。
現存している髪の毛を太く長く成長をさせるには育毛剤やサプリメント、シャンプー等は欠かすことができないものですがこういったものを取り入れることで毛根が丈夫になり髪の毛が抜け落ちにくくなります。
そして当然のことながら、生えていない毛を育毛することはできないのです。

一方増毛とは元から現存している髪の毛に複数の毛髪を結び付けたり、髪の毛の付いた糸を元々の髪の毛に紛れ込まる等の人工的な施術を行うことによって髪を増やすこと言います。
1本の自分の髪の毛に5本から6本の人工の髪の毛、もしくは人毛を括りつける作業を行うことから本来の自分の髪の毛に負担をかけることになりますが大変自然です。