• ホーム
  • 抜け毛の治療をする時には保険ではなく自由診療になる

抜け毛の治療をする時には保険ではなく自由診療になる

抜け毛の治療を本格的に行うときには、保険の適用はなく自由診療という形で治療をしなくてはいけないことを知っておかなくてはいけません。
特に、男性型脱毛症などの特定の症状の場合にはそれが一般的です。
基本的に、日本国内で何らかの治療を行うときには大半の診療で保険が適用されます。
しかし、抜け毛の治療に関しては海外の薬を利用して治療を進めていくことになるためこのようなケースでは保険が適用されないのです。

では、抜け毛を医療的に治すときには大きなお金が必要になるのでしょうか。
実は、抜け毛の治療にそれほど大きなお金は必要ありません。
専門的な手術をするわけではなく、海外の製薬会社が生成した薬を利用することによって育毛や発毛を促すことになるためその薬の費用代金だけを支払えば良いのです。
実際、薬にかかる費用は市販で発売されている高級な発毛剤や育毛剤とそれほど金額は変わりません。
市販の育毛剤や発毛剤でも良いものを選択すれば七千円から一万円程度の費用が必要になりますが、自由診療でお金を支払ったとしても薬代を含めて5000円から7000円程度にしかならないのです。
そのため、根本的に頭皮の状態を治したいときには市販のものよりも薬を貰った方が遥かに効率的だと言えます。

では、実際に効果はあるのでしょうか。
これに関しては既に育毛や発毛効果があることが立証されています。
継続して使い続けることによって9割以上の人が育毛に成功したというデータもあるため、使うことによってマイナスになることはありません。
しかも、薬による副作用の割合はたったの1%弱で身体に悪い影響を与えない薬なのです。
抜け毛治療のための薬は保険を適用せずとも安全に利用することができるのです。